2010年 白戸伸幸個人事業主としてReactを立ち上げ。ネットワーク関連ツール等の開発に従事する。
2011年3月 白戸伸幸が以前同じ会社で同僚だった加藤正浩に声をかけ、エンジニアがのびのびと働ける会社を創りたいという想いで法人を立ち上げる。
当時珍しかった合同会社として法人化する。資本金2万円でのスタートだった。
合同会社とは

2006年(平成18年)5月1日に施行された会社法が新たに設けた会社形態。アメリカ合衆国のLLC (Limited Liability Company) をモデルとして導入された。

持分会社と株式会社の特徴の比較
持分会社 株式会社
合名会社・合資会社および新設の合同会社 旧来の株式会社および有限会社を統合
会社の最高意思決定機関と会社の業務を執行したり会社を代表したりする機関は原則的に分離していない、すなわち所有と経営が一致している 会社の最高意思決定機関(株主総会)の構成員の地位(株主)と、会社の業務を執行したり会社を代表したりする機関(取締役・代表取締役等)は分離している
⇒つまり会社は社員(=出資者)のものであり、社員の総意により経営が行われる ⇒つまり会社は株主のものであり、株主総会による意思決定がなされる

法人化を検討していた当時手持ち資金が少なかったこともあり、日本では新しい形態であった合同会社としてスタートする。上記の通り合同会社は社員のものであるという点も、今まで経験してきたものと違う会社を創るという意味で魅力を感じた点である。

 

2011年4月 Reactとして初めてSIのお仕事を受ける
2011年6月 白戸、加藤の元同僚が入社し3名になる
2012年 某メーカー系の現場に参画することができるようになったが、かなり忙しかった時期。会社としての方向性などを考える余裕もなかった。
2012年12月 さっぽろ大通コワーキングスペース ドリノキのフレックス会員になる

ドリノキは札幌のコワーキングスペースの草分け的な施設。それまでは自宅や喫茶店などで打ち合わせや作業をしていたが、腰を落ち着けられる作業スペースや打ち合わせスペースが欲しかったのでフレックス会員として契約した。ドリノキの立地が素晴らしく、スタッフや会員の皆さんが良くしてくださるのでとても居心地が良い。

2014年4月 縁あって弊社として初めてのWebサイトの構築を行い無事に稼働させる
2014年12月 ドリノキのブース会員になり、本社をドリノキ内に移転する。それまでは加藤の自宅を本社として登記していた。
2016年11月 弊社として2つめのWebサイト構築および稼働
2017年2月 資本金を100万円に増資
2017年6月 大手転職サイトに求人広告を出し、1名の新たな仲間が増える
2018年12月 大手転職サイトに求人広告を出し、1名の新たな仲間が増える