北海道コンサドーレ札幌、ACL進出賭けた決戦へ!

J1の順位争いが佳境を迎えています。すでに川崎フロンターレが優勝を決めていますが、2位~4位のチームが勝点差わずか2点で、最終戦によって順位が確定しそうです。

■J1順位表(上位4チーム)
順位 チーム 勝点
1 川崎フロンターレ 66 20 6 7 優勝
2 サンフレッチェ広島 56 17 5 11 勝点2差でひしめいており、最終戦の結果次第で順位が決まる
3 鹿島アントラーズ 55 16 7 10
4 北海道コンサドーレ札幌 54 15 9 9

 

■次節・最終戦の組み合わせ(2~3位争いチーム)
キックオフ ホーム アウェイ 試合会場
12/1(土)14:00 北海道コンサドーレ札幌(4位) サンフレッチェ広島(2位) 札幌ドーム
12/1(土)14:00 鹿島アントラーズ(3位) サガン鳥栖(15位) カシマ

 

最終戦は2位の広島と4位の札幌の直接対決だが、広島は現在8戦未勝利の6連敗中と不調であり、対する札幌は前節を快勝して勢いがありそう。しかもホームゲームなので地元サポーターの熱い応援が期待できそうですので札幌が有利かもしれません。一方、鹿島と対戦する鳥栖はJ2への降格争い中ということで、この試合もどちらも負けられない戦いになりそうです。

ACLとは?

J1で3位以内になったチームにはACLという大会に出場する権利が与えられます。

AFCチャンピオンズリーグ(英: AFC Champions League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称はACL。

アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会であり、本大会に優勝したクラブには400万USドルの賞金と勝利ボーナスなどが贈られると同時に、国際サッカー連盟主催FIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられる。

出典:ウィキペディア

正確にはJ1覇者と天皇杯覇者の2チームが本大会に直接進み、J1の2、3位がプレーオフからの出場となるそうですので、コンサドーレが3位以内に入ったらプレーオフに進めるということですね。ACLの優勝クラブが受け取る400万USドルは日本円で約4億5千万にもなります!さらに各大陸での優勝クラブが激突するFIFAクラブワールドカップにも出場できるとあって、コンサドーレとしてもぜひ出場したいはずです。ちなみに2018年は鹿島アントラーズがACLで優勝しています!

ただデメリットとしては、通常のJリーグのリーグ戦の合間にACLの試合もこなさなければならないため、選手のやりくりが大変だと言われています。

とは言え、クラブとして飛躍するチャンスだと思いますので、ぜひとも勝ち抜いてACL、そしてクラブワールドカップへと駒を進めてもらいたいものですね!道民として応援しています!みなさんも応援しましょう!