【道外からの観光客の皆さま必見!】札幌市内の雪道の歩き方

いよいよ『第70回さっぽろ雪まつり』が開幕しました!

『第70回 さっぽろ雪まつり』公式サイト

  • 大通会場:大雪像、中小の雪像、ステージでのイベント、グルメなどが楽しめます
  • すすきの会場:主に氷像や氷の彫刻。そのまま歓楽街へGo!
  • つどーむ会場:雪のアトラクションが楽しい! シャトルバスあり。

例年約250万人が来場する雪まつりですが、道外や海外からもたくさんの観光客の方々がいらっしゃいます。そこでよく見るのが滑って転ぶ方ですね。尻餅をついただけで済めばいいのですが、打ち所が悪ければ大怪我にもなりかねません。そんな雪道に慣れてない方に少しでも参考になればと思うことを書いてみます。

「雪道」ではなく「アイスバーン」

この時期、札幌市内は雪と氷に覆われています。市内中心部の一部は歩道にロードヒーティングが入っているところもありますが、ちょっと脇道に入れば雪に覆われています。また、雪まつり会場である大通公園内も雪道です。

この雪道ですが、ふわふわの雪が積もっている状態なのは降雪して積もったときだけです。雪の上を人や車が踏み固めることで徐々に「圧雪(あっせつ)」という状態になっていきます。これは雪と氷の中間の状態です。日中に気温が上がると路面が少し解けて、夜に気温が下がると凍ります。これを繰り返すとアイスバーン状態になってしまいます。

大通公園の中は圧雪または氷の路面だとお考えください。なので注意して歩かないと絶対に滑ります!

要注意な路面

一番気をつけたいのは交差点です。気象条件によっては信じられないくらいツルッツルになる時があります。交差点ではクルマが停止・発信をするため、路面がツルツルに磨かれてしまうためです。横断歩道も白線部分の氷が溶けにくいので危険です。なるべく白線は踏まないようにしましょう。またアスファルトが露出しているように見えて、表面に薄い氷が張っていることがあり、これをブラックバーンと言います。これも非常に滑ります。

歩道でも気をつけたいのは路面が斜めになっていたり、デコボコしたりしているところです。例えば駐車場への出入口などは建物側から道路側へ歩道がスロープになっています。ここが凍っていると横滑りして転倒する危険があります。

(対策1)滑らない靴の用意を!

必ず冬用の防寒靴、ゴム長靴など、靴底が滑らないような加工がされている靴を履きましょう。靴底が平らな革靴、溝が浅いスニーカーなどはとても滑りやすいです。確かに革靴やスニーカーで普通に歩いている人も見ますが、それは雪道に慣れた地元の人です。雪道に不慣れな方は絶対に雪用の靴を履きましょう!

(対策2)滑ることを想定して用心しながら歩むべし!

普段見慣れない景色に興奮して思わず走り回ったりしたくなると思います。そこをぐっとこらえて、滑ることを想定して慎重に歩きましょう。

雪道の安全な歩き方は諸説あると思いますが、筆者が個人的に思う雪道の歩き方を書いてみたいと思います。

いつもより小股で歩く

人間は二足歩行なので、片足で立っている時は不安定になります。小股で歩くことで片足で立っている時間を短くします。

すり足で歩く

要するに足を大きく上げないですり足に近い感覚で歩くということです。自分から滑らせることで路面の状況を把握します。

足裏で路面を掴む

これも感覚的な話になってしまいますが、足裏で路面を掴むような感覚で歩きます。足の親指と小指で路面をグッと締めるような感じです。こうすることで足裏で路面状況をキャッチし、危険を察知することができます。

何よりも大切なのは心構えです。氷の上を歩いてることを忘れず、なるべく平らなところを選んで歩きましょう。そして「もしかしたらここ滑るかも」と頭の片隅に置いておきましょう。

それでも滑って転びそうになったら

思わぬ方向に滑ってしまったら、防ぐことは難しいです。私の知り合いで転びそうになって手をついて支えようとして腕を骨折したという話を聞いたことがあります。無理な体制で踏ん張るとかえって怪我をすることもあります。一番いいのは柔道の受け身でしょう。うまく衝撃を逃してダメージを抑えられます。しかし柔道の心得がなければ、できるだけ尻もちをつきながら背中も付いてしまうといいんじゃないかと思います。かっこ悪いなんて言ってられませんよ。

さいごに

脅かすようなことばかり書いてしまってすみません。でもせっかく雪まつりを楽しみに札幌に来てくださるのに、怪我をしてしまっては台無しになってしまいます。だからぜひ、靴底が滑らない靴は必ず用意してくださいね。札幌市内でも買えます。

雪道も最初は滑って怖いかもしれないけど、しばらく歩いたらきっと慣れてくると思います。冬の札幌は雪と氷の世界と言いましたが、私はそんな景色が大好きです。そんな札幌をぜひ楽しんで行ってください!

2019年2月5日 追記:

昨日、本日と軽く雪まつり大通会場を覗いてきました。初日からたくさんの方が来場していて賑やかでした。私の好きなスター・ウォーズの大雪像に感激しました!

路面はというと、やはり会場内はアイスバーンで、滑って転びそうになる方を何人か見ました。会場内は路面が斜めに傾いている箇所もあり、注意が必要です。会場近くの路地に入るとこんな感じで路面がガチガチになっています。なるべく除雪された広い道を歩きましょう。